脂肪肝臓を治すサプリ

脂肪肝臓改善サプリ

 

脂肪肝の治療

非アルコール性脂肪性肝炎になる原因として、脂質、糖質などを多く含む食品ばかり摂ることで高脂血症になること、あるいは内蔵に脂肪がつくメタボリックシンドロームが、この症状を引き起こすといわれています。

 

ストレスの多い生活も肝臓の機能低下の原因になるといわれていますが、実際のところ、具体的な非アルコール性脂肪性肝炎の原因はいまだに特定できていません。
参考:肝機能低下セルフチェック-Yahoo

 

非アルコール性脂肪性肝炎を放置していると、アルコール性脂肪肝と同様の症状が発生し、最悪、肝硬変や肝臓がんの原因になるといわれています。

 

しかし、原因が特定できていないこともあり、アルコール性脂肪肝と異なり、単にお酒を控えるだけではなく、食事療法や運動療法など生活の多岐の分野にわたって改善をすることが必要です。

 

アルコール性脂肪肝であれば断酒をすることに意味があり、モチベーションを維持することも比較的容易ですが、非アルコール性脂肪性肝炎の場合は、お酒を飲んでいないのになぜ自分が、と戸惑いを隠せない人も少なくありません。

 

飲酒をしていなくても、睡眠が不規則であったり、食事を毎日3食決まった時間に摂ることができていない人は、体の代謝機能が低下して、肥満になりやすいといわれています。

 

また仕事で忙しいと良くかんで食べることなく、いわば丸呑みして胃腸に負担をかけるような食べ方をしている人も、胃腸以外の内蔵にも負担をかけることになります。

 

夜食の習慣がある人も脂肪が代謝することなく、蓄積する一方になるので、肥満になりやすく、これが脂肪肝の原因になります。

 

非アルコール性脂肪性肝炎の治療には中性脂肪やコレステロールを下げる薬剤が処方されることもありますが、運動療法や食事療法が治療の基本であり、再発を防ぐ最善の道ということができます。さらに、肝臓に良いサプリを併用すると効果的です。

 

薬であれば毎日決まった時間に服用することができますが、運動となると、ある程度の自己管理が必要です。定期的に運動することが難しければ、交通手段を車から自転車へ変える、エレベーターやエスカレーターなどを使わずに階段を使うなどの工夫をして、なるべく歩く機会を増やすようにしたいものです。

更新履歴